物事を見つめ、知り、学ぶ・・・そんな簡単なことから始めたい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手の立場になって人の迷惑を考えない人
自分勝手すぎる人
出自や学歴で人を馬鹿にする人
無意味なメールの回数が多すぎる人
時間を守れない人
見栄っぱりな人
ブランド好きで逸れにお金を費やし続ける女(男の場合は所得に見合わない高価な車)
人の悪口を多くしてくる人
1つのことに粘着し何度も何度もいってくる人
詮索好きの人
お金にだらしない人
周りの人にお金を借りたがる人(消費者金融に借りればいいのに友人に借りてくる奴)
口先だけは立派なことを言って中身はカスな人(営業社員や中小企業レベルの社長などに多い、不祥事起こした北陸の焼肉屋など、安さばかりを主張し、削るべきところも削らず毒ゆっけを出していたのだがその典型だろう、私は普通より立派なことばかり言う奴は信用しないことにしている)
営業でメリットばかり強調し、デメリットもろくに言えない人(こういうのもカスタイプ、いいことしか言わない都合のいい奴で信頼ならない)
失敗を謝罪しない人、すぐにほかに人に責任転嫁する人

他にも思いついたら更新します



スポンサーサイト

http://kirei.biglobe.ne.jp/news/detail/20101206070000_sgr20101127_3822
より

【【1】「それがどうしたの?」と雑談に理由を求める。
女の子は会話を楽しもうとして話題を振っているのに、その理由を求めては元も子もありません。
心では「この雑談に何の意味があるのか?」と疑問に感じても、とりあえず会話を続けるのが肝心でしょう。

【2】「で、結局が何が言いたいの?」と結論を急ぐ。
女の子としてはその日あった出来事や、それによって自分の気持ちがどう移り変わったか、といった過程を含めて語りたいのに、早急に結論を急いでは楽しい気分も台無しです。「うんうん、それでそれで?」とあいづちを打つことが、できる男の対応と言えるでしょう。

【3】「でも...」以下の話が長くなる。
理屈っぽい上に話が長い男というのもモテません。ほとんど意見を言い終えたかと思いきや、さらに話が続くと女の子もウンザリ。男なら留保なく、スパッと自分の意見を言いましょう。

【4】「世の中ってそういうものだから」と一般化してしまう。
女の子が見聞きした興味深いエピソードを、つまらなくしてしまう破壊力のあるセリフです。よくあるパターンの話だなと心では思っても、「すごいねー」などの合いの手をはさむ大人力を養いましょう。

【5】「てゆうかー」と否定から入る。
もはや口癖になってしまっている人も多いのでは? 女の子に限らず、誰しも自分の意見に対して否定から入られると気が滅入るものです。日常会話で多用していないか、今一度チェックして直した方が良いでしょう。

【6】「どういう根拠で?」といちいち理由や確証を求める。
女の子の雑談レベルの目論見や意見に対して、いちいち合理的な理由や確証などの根拠を求める態度は、賢さを通り越して神経質なだけの印象を与えかねません。合理的ではない話は、「ネタ」程度に楽しんだ方が良いでしょう。

【7】「いや、だから~」と何度も同じことを言う。
言われた相手は、「バカにされているな」と感じる失礼なセリフです。上から目線の不遜なキャラクターに映ってしまうことでしょう。相手が理解していないと感じたら、別の表現方法で説明する粘り強さや、ときにはあきらめも必要でしょう。

【8】「それは○○って言ってさ」と知識をひけらかす。
雑学豊富な男性もモテますが、ひとたび「しつこいな」と思われると一気にウザい男に転落します。「○○君て何でも知っててすごーい」と褒められる人ほど、お付き合いの深度とともにその武器を引っ込めていく謙虚さが求められます。

【9】「つまり○○ってことだね」と勝手に言い換える。
言い換えは相手の話を「ちゃんと聞いて理解しているよ」と示せる会話のテクニックですが、少しでも間違えるとかえって「理解できていない」と判断されがちな諸刃の剣です。言い換えたくなってもグッとこらえて話を進めましょう。

【10】「逆に言うと」と大して逆になっていないことを言う。
この人の会話は理屈っぽく聞こえるだけで結局アホだな、と思われてしまうセリフです。知らず知らずのうちに口癖になってしまっている人も多いので、家族や親しい友人に聞くなりしてセルフチェックしましょう。


忘年会NG集

1.あいさつが長すぎる
2.ずっと携帯電話を操作している
3.無断欠席
4.説教をする
5.異性にからむ
6.遅く来て早く帰る
7.厳しすぎる鍋奉行
8.所持金が参加費より少ない
9.上司にいちゃもんつける
10.仕事の話ばかりする
11.酔いつぶれる
12・絡み酒
13.進行がグダグダ
14.自慢話
15.1人で延々とカラオケ
16.中途半端な一発芸

・他人を害して喜ぶのは、自分が強いと勘違いして安心したいから。
・風評をばらまいて自分に有利にしようとするのは、実力がないから。
・隣がやる中傷に同調するのは、仲間はずれがこわいから。
・悪ぶって見せるのは、見下されてイジメを受けるのが怖いから。
・自分がえらいと誇張したがるのは、バカにされたくないから。
・自分がすごいんだと吠えて威嚇するのは、怯えてるから。
・腕前でなく話術で語るのは、自分が劣ると知っているから。
・一人で行動を起こせないのは、臆病なので他人の陰に隠れたいから。
・ウソを仕方ないと言って用いるのは、己が信用に値しないと分かっているから
・被害者だと騙るのは、世論を味方につけたいから。
・詭弁が達者なのは、それだけ失敗を重ねてるから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。