物事を見つめ、知り、学ぶ・・・そんな簡単なことから始めたい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャモンの発育発達曲線によると、
神経系は生まれてから5歳までに80%が完成する。
12歳でほぼ100%完成する。

子どものうちは神経系は一度つながると二度と退化しない。
よって子どもの時はいろいろな動作を学ぶことを主眼に置くのである。

幼児~小学生低学年の時に筋力トレーニングに励んでもあまり意味はなく、
さまざまな動きを習得させるべき時代であるといえる。

以下のリンク先に、医学博士 飯島 勝一氏の説明が載っている。

http://www.central.co.jp/kids-swim/effect.html

以下引用

キレイなフォームで泳ぐことは、正しく筋肉を使い、バランスよく身体を発達させることにつながります。一方で、水泳は心肺機能を強化するという一面もあり、特にお子様のぜん息にはたいへんよい運動療法であることが知られています。

最後に忘れてならないのが、冷たい水が刺激となって皮膚や免疫力を強化するということ。抵抗力が増し、より丈夫な体をつくり、風邪をひきにくくします。プールから上がる時には、プール水に含まれる塩素から皮膚を守るため、よくシャワーを浴びて塩素を洗い流すように心掛けましょう。
スポンサーサイト

1.全身持久力・・・心肺機能で、長く活動するのに必要
2.筋力・・・重いものを持つ・動かすのに必要
3.柔軟性・・・筋肉・腱・靭帯の柔らかさ、筋肉が柔らかいほど怪我が防止でき、疲労もたまりにくい

普段からこれらを鍛えておくことが非常に大切である。

運動で負荷をかけること(過負荷の法則)で体力は徐々についていくので、意識して身体を動かすことが大事である。

週23エクササイズの身体活動を行う
(内臓脂肪減少のためには最低10エクササイズする)

下記の活動は1エクササイズに相当する

・普通歩行20分
・階段を下りる20分
・階段をあがる8分
・フロア掃き18分
・軽い荷物運び17分
・重い荷物を運ぶ事を7~8分
・モップ・掃除機17分
・風呂掃除16分
・自転車に乗る15分
・高齢者・障害者の介護15分
・庭の草むしり13分
・子どもと遊ぶ12分
・バレーボールや軽い筋トレを20分
・ゴルフや速歩を15分
・エアロビックスや軽いジョギングを10分
・水泳やランニングを7~8分
・卓球、太極拳15分
・バトミントン、クラブを自分で運ぶゴルフ13分
・ダンス(バレエ、モダン、ツイスト、ジャズ、タップ)13分
かなりな速歩(平地107m/分)、ソフトボール、野球、ドッジボール12分
・パワーリフティング、ボディービル、美容体操、ジョギングと歩行の組み合わせ、
バスケットボール、ゆっくりとしたストロークの水泳10分
・ジョギング、サッカー、テニス、水泳、スケート、スキー9分
・1~2kgの荷物を背負って山を登る8分
・ランニング(161m/分)、柔道、空手、キックボクシング、平泳ぎ6分
・バタフライ、クロール(約70m/分)5分


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。