物事を見つめ、知り、学ぶ・・・そんな簡単なことから始めたい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1283397855/

・8月上旬、東京「明治記念館」の宴会場は着飾った約400人でにぎわっていた。

 結婚披露宴ではない。30代から50代の独身男女各100人とその親が結婚相手を探す「大お見合い会」だ。

 「人の印象は6秒で決まります」。司会者のあいさつが終わると、机を挟んで向かい合った親子2組計4人が、満面の笑みで自己紹介を始めた。1分の持ち時間が過ぎると、男性側が隣の席に移動し、再び同じことを繰り返す。すべての参加者が自己紹介し合う“自己紹介タイム”は約2時間に及んだ。その後、親は親同士、子は子同士に分かれ、それぞれ意中の相手と電話番号などが書かれた身上書を交換した。親子同席のままだと、親子どちらかの意見に押されるなどして特定の参加者だけに人気が集中し、まったく身上書を交換できない人が出るおそれがあるらしい。実際の交際に発展するかどうかは、あくまで参加した親子の意欲と努力次第だ。

 会を主催したのは結婚相談会社「オフィス・アン」。10年前から親の代理見合い「親の縁は子の縁交流会」を全国で開いてきたが、参加者からは「親同士が意気投合しても肝心の子が消極的」との不満も多かった。そこで、親子同席にすれば子のやる気も出るのではと、今回初めて「親子同伴参加」を条件とした。

 参加料は親子で2万5000円。子の参加者は、男性が31~51歳(平均年齢39歳)、女性が26~47歳(同35歳)。男性は勤め人がほとんどだが、女性は求職中や家事手伝いの人も。母親同伴のケースが男性は9割程度、女性は8割を占めた。

 参加した親は切実だ。関西から来た母親は「息子はもう40代。今年ダメならもうあきらめようと思う」という。子側は「一度に100人もの相手に会う機会に恵まれた」(30代女性)との声がある一方、「親に無理やり連れてこられた。時間が短すぎて、誰とどんな話をしたか覚えていない」(30代男性)という意見もあった。

 作家の室井佑月さんは「結婚とは独立して家庭を持つことなのだから、親が来ることに違和感を覚える。子は結婚の意味を自分なりに考え、親はそれを見守っていればいいのでは」と話した。(抜粋)


45 :名無しさん@十一周年:2010/09/02(木) 12:43:01 ID:sxGrbZLp0
結婚しなくても好きに生きたらいいじゃんてのも
40間近ころから親も子もすごく焦るみたい
肉体的にも精神的にも更年期症状が出てきていろいろ不安感じるみたい
男の更年期もあるからね


57 :名無しさん@十一周年:2010/09/02(木) 12:48:43 ID:dbJabqE70
中年で独身なら一生独身貫いたらええやん、
高齢独身ももうマイノリティではないんだし、これから益々増加するだろうし

58 :名無しさん@十一周年:2010/09/02(木) 12:48:59 ID:FJ7ZSi9KP
男の47歳も遅いけど、女の37歳も手遅れ。
男は39歳まで、女は29歳までに相手を見つけるべき。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。