物事を見つめ、知り、学ぶ・・・そんな簡単なことから始めたい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://news.livedoor.com/article/detail/4531187/

「1杯80円で、くつろいでコーヒーが飲める」。大阪市の商業ビルで、格安の自動販売機コーナーと一体化した無人カフェが人気だ。不況下の節約志向からか、サラリーマンやOLで満員になる店舗も。ビルの空き室の有効活用としても注目されている。

 大阪市北区の大阪駅前ビルの地下飲食店街に、業界の草分け「ウエックス」(同市大正区)が展開する無人カフェ「ドリンクステーション」がある。部屋にはカウンターと20席近くのいす、80~100円の飲料自販機とパンや菓子の自販機が3台並び、防犯カメラも設置されている。

 同社によると、従業員が定期的に商品補充や清掃のため巡回し、清潔感を保っている。1日に延べ約300人が来店、月平均約150万円の売り上げがあるという。

 帰宅途中の女性会社員(31)は「たばこを吸うけど、外に出たり、喫茶店に入ったりするのも面倒。安くて便利なので毎日来る」と話す。読書中の60代男性会社員は「地下街は飲み屋ばかり。座って休めるのがいいし、待ち合わせにも使える」と快適そうだ。 

_____

検討するか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。