物事を見つめ、知り、学ぶ・・・そんな簡単なことから始めたい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1309008294/

6月23日(ブルームバーグ):一袋1オンス(約28グラム)のポテトチップスを我慢する代わりに毎日ヨーグルトを食べれば、
4年間で約1ポンド(約450グラム)の体重増加を防げることが、米ハーバード大学が米国人約12万人の食生活を分析した調査の結果、明らかになった。

米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンに22日掲載されたリポートによると、米国人は年間平均約1ポンド体重が増えているが、
ポテトチップスを多く食べている人の体重増加が最も激しく、ヨーグルトを食べている人の体重は減少している。

調査結果によると、ポテトチップスを毎日、20年間にわたって食べている人は4年ごとにさらに1.69ポンド体重が増加している。
一方、ヨーグルトを食べている人は約0.82ポンド減っている。

この調査では、運動と睡眠が体重の増加にどのように影響を及ぼしているかについても分析されている。
セントルークス・ルーズベルト・ホスピタル・センターにあるニューヨーク肥満調査センターのディレクター、
シャビエ・ピスニエ氏によると、今回の調査結果はこれまでの研究成果を裏付けるもので、
体重を管理するために行動を見直すきっかけとなりそうだ。米国で2008年に実施された調査によると、
同国の成人の約68%が過体重(オーバーウエート)で、糖尿病や心臓病のリスクが上昇している。

ハーバード公衆衛生大学院のフランク・フー教授は文書で「今回の調査結果から、
体重増加と肥満を避けるために食べ物を賢く選択することの重要性が浮き彫りになった」と指摘。
「『良い』食べ物や『悪い』食べ物などないという考え方は俗説であり、見直される必要がある」と指摘した。

_____

ポテチは危険

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。