物事を見つめ、知り、学ぶ・・・そんな簡単なことから始めたい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の造語で、末尾に奴隷の奴という文字のつくものが最近多い。
それを今回はまとめたいと思う。

房奴
抵当ローンで住宅を購入して、数十年にわたって毎年収入の40~50%、あるいはそれ以上の比率で元利を返済する人

車奴
無理をして車を買う、もしくは所得水準から考えたら分不相応な自動車を買い、表向きは生活の向上や見栄がはれてと聞こえがいいが、実際は車のローン返済や維持費に追われる日々をおくる人

卡奴
クレジットカードで買い物を繰り返してカード返済地獄に陥る人

節奴
春節(=旧正月) の消費や交際費用などに多額のお金を費やし窮地に陥る人

白奴
ホワイトカラーを指す
多忙な仕事に追われる状態や高収入であっても高額の住宅や車、時計・ブランド品などのローンで家計が圧迫される人

壟奴
日本でいう派遣や非常勤職員を指す
がんばって仕事しても雀の涙ほどの賃金で豊かになれず奴隷のごとく働き続ける人

墓奴
葬式ビジネスに目をつけた業者が増え、墓代などが上昇した
そのため家のローンで苦しむ房奴と同じく墓奴が増加している

証奴
語学や資格などの高額の講座を受け、資格商法にはまり貧乏になった人
資格を取ったからといって儲かる資格と儲からない資格がある

孩奴
子どもの服や教育にすべてつぎ込んで貧乏になった人




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。