物事を見つめ、知り、学ぶ・・・そんな簡単なことから始めたい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://moneyzine.jp/article/detail/185701

ビール4社の給料はどうか。大手食品業界は、35歳を過ぎたころから他の大手全産業の平均を上回るようになるが、中でもキリンやサントリーはトップクラス。サントリーは右肩上がりだ。

 平均年間給与が900万円台ということは、40歳で1000万円を突破し、50歳で1200万円というのが水準と考えていいだろう。アサヒビールもキリンやサントリーと遜色がなく、サントリーやアサヒビールを上回っていたこともあるサッポロが4社の中ではやや劣るといったところ。そのサッポロにしても従業員平均年間給与は870万円。「ビール会社は高給」という定説は健在のようだ。


 医薬品卸は合従連衡が最も活発な業界のひとつで今後の動きにも注目が集まるが、その給与水準は前述のビール各社には劣る。平均給与800万円台から700万円台に下降しているのがアルフレッサ。メディパルは700万円ながらプラス傾向。スズケンは700万円前後、東邦は500万円台前半である。

_____


ビールは高給のようです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。