物事を見つめ、知り、学ぶ・・・そんな簡単なことから始めたい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中京の安売りメガネ屋、赤札堂
メガネ2つで8400円。

こういう4000円のメガネは中国などで作られており原価600円。
2000-3000円のメガネの原価は100円や200円。

工場そのものの設備が違うとのこと。


現在の二強はJINとメガネトップとのこと。

JINは都市部に店を出し、お洒落なメガネで若者を集客している。
値段も1万円など安めにしている。

メガネトップはヨン様などをCMに使い高年齢層を対象にしている。
郊外にも多く店を出す全国規模である。値段はやや高いが高年齢層なので問題なし。
しかし、中京には格安の赤札堂があり、高価格路線のキクチがあるので苦戦している。

メガネの三城は、昔はメガネが3万や5万したからそれで儲けることができた。
しかし、今では通用しなくなってきており、苦戦しているのである。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。