物事を見つめ、知り、学ぶ・・・そんな簡単なことから始めたい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社員になり厚生年金・社会保険になった場合、なにをすればいいかについて。

まず、国民年金から厚生年金の手続きは、会社でしてくれるので問題ありません。
(会社に基礎年金番号を聞かれます)

健康保険は、国民健康保険と会社の社会保険を持って、役所に行って手続きをする必要があります。

さて、保険は保険でも保険会社の保険について考えてみましょう。
独身の場合、保険をかける必要はありません。
医療は健康保険に入っていれば3割負担ですし、お金がかかりすぎても高額医療費で戻ってきます。
また年間10万円以上なら税金で申告しても戻ってきます。

結婚して子どもがいる場合でも、
厚生年金の場合、夫が死亡した場合、遺族年金が出ますのでさほど問題にはならないのです。
よって保険はイラネとなります。

さて、次は会社員からフリーターなどにかわった場合です。
健康保険は、任意継続という手続きがあります。
2年間今までの会社と同じ健康保険が使えます。
フリーターでも年収が高いと国保だと損をします。
私の場合、国保だと年間60万なのに対し、任意継続だと年間25万程度だったので、
任意継続という制度は非常に助かりました。
というか、国保高すぎです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。